メニュー

会長挨拶

会長からの挨拶

会長 金子良治
一般社団法人新潟県解体工事業協会
会長 金子良治

 木々の新緑が春光に映える季節になり、皆様におかれましては益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。

令和元年6月完全業種独立を果たし、経過措置期間も3月で期限を迎えました。会員の皆様は移行期間に全解工連開催の登録解体工事講習や解体工事施工技士資格の取得等、準備を進めて頂いたと思います。近年の空き家対策、大型構造物解体等に必要な専門資格である解体工事施工技士の社会的ニーズは高まっております。

昨年度も多くの方が受験され、県内においても有資格者の数は増えていますがまだまだ十分な数には達しておりません。今後も協会は専門職としての人材育成、レベルアップを図るため技術講習会の開催、社会環境に影響する廃棄物の適正処理等、会員の皆様が情報と知識を共有し更に向上できる様、協会運営を進めて参りたいと考えております。

解体工事業界としては高齢化、人材不足等の困難な問題もありますが、「働き方改革」の方針に基づき労働環境改善、魅力的な職場環境を整える事ができるよう協会として行政に要望してまいります。いまだ生活の色々な場面で我慢を強いられていますが、会員の皆様には新型コロナウイルス感染予防対策を行い自己防衛に努め健康管理に取り組んでいただければと思っております。

今後も協会の運営が会員皆様にとって有意義なものとなりますよう努めて参ります。

最後に会員皆様のご健勝とご発展を心より祈念申し上げます。

ページトップ